風水で選ぶ緑色の絵画の特徴

こんにちは、NIMです。

今日は緑色の絵画の特徴を紹介したいと思います。

  • 緑色がもつ意味
  • 緑色の絵画がもたらす心理効果
  • 緑色の絵画を飾るいい例、悪い例
  • こんな人に緑色の絵画がオススメ
  • 緑色と相性のいい組み合わせ

緑色がもつ意味

緑色には自然・バランス・生命・健康・安心・平和・回復・若い・潤い・エコロジー・リラックス・自由・希望などの意味を持っています。

連想するものとして植物、自然などを連想させ、心に癒しや安心を与えてくれます。

緑色の絵画がもたらす心理効果

緑色は優しい気持ちを与えてくれる柔らかいイメージがあります。

穏やかな気持ちの時、嬉しい時、リラックスしている時、優しい気持ちの時などに緑色が気になるようです。

緑色にはバランスを保つという心理効果もあるので仕事のストレス人間関係を整理したい時に緑色の絵画を飾るといいと思います。

緑色の絵画を飾るいい例、悪い例

緑色の方角は東なので濃い目の緑は南東に、東には明るい緑を飾るといいと思います。

木の気を持つ緑色に水色を組み合わせると効果が高まります。

ソファーやクッションなどとコーディネートするといいと思います。

癒しの効果を高めたいなら白との組み合わせが効果を高めます。

一般的に白い壁が多いと思うので、白い壁に飾ることで白との相乗効果が望めると思います。

悪い例として緑色と赤色を組み合わせてしまうと色が喧嘩してしまい品の無い部屋になって運気が下がってしまいます。

緑色は癒し効果もあり沢山取り入れたくなるところですが取り入れ過ぎてしまうと気のバランスを崩してしまうので、ワンポイントで絵画を飾ることをオススメします。

こんな人に緑色の絵画がオススメ

リモートワークが増えてきているので自宅の仕事部屋や受験を控えた子供部屋に緑色の絵を飾ると成長の気の効果で仕事運、勉強運の向上が期待できます。

緑色には癒しの効果もあるので、

体調がすぐれない人

目が疲れている人

思考がまとまらない人

イライラしている人

など心の安らぎを求めている人に緑色の絵画をオススメします。

緑色と相性のいい組み合わせ

緑色と水色の組み合わせで金運アップ↗︎

緑色と黒の組み合わせで金運アップ↗︎

深緑色と黄緑の組み合わせで恋愛運アップ↗︎

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です