風水で選ぶ茶色の絵画の特徴

こんにちはNIMです。

今日は茶色の絵画の特徴をご紹介します。

茶色というと少し暗いイメージを持つと思いますが、意外といい意味が沢山含まれているので参考にしてもらえたらと思います。

  • 茶色がもつ意味
  • 茶色の絵画がもたらす心理効果
  • 茶色の絵画を飾るいい例、悪い例
  • こんな人に茶色の絵画がオススメ
  • 茶色と相性のいい組み合わせ

茶色がもつ意味

茶色には安定・安心・安全・堅実・落ち着き・素朴・努力・成熟・財産・資産・賢人・家庭・仲間・忠実・土・地面・大地などの意味を持っています。

土の気を持つ茶色は安心感を与えてくれる色でもあります。

茶色の絵画がもたらす心理効果

心が安定している時、何かに努力している時、疲れている時、お腹が空いた時などに茶色が気になることがあるようです。

茶色はアースカラーでもあるのでお部屋に安定感を持たせることができ、上手に取り入れれば心地よい空間を作ることができます。

癒しの効果も期待できる色なので心を落ち着かせたい時や、悩んでいる時に茶色の絵画を飾るといいと思います。

スポンサードサーチ

茶色の絵画を飾るいい例、悪い例

茶色のは他の色と組み合わせることで相乗効果を発揮する色でもあります。

例えば茶色と黄色の組み合わせで金運アップ↗︎入ってきたお金を貯めるエネルギーもあるので貯蓄にはもってこいです。

土の色なので緑との相性も抜群です。観葉植物やソファー、クッション、カーテンなどとコーディネートすることで家庭運の↗︎が期待できます。

茶色は地味な印象がありますが、全体的に運気を上げてくれるすごい色でもあります。

方角も特にダメなものがないので日常でも取り入れやすいので是非茶色の絵画をお部屋のワンポイントで飾ることをオススメします。

オススメの方角は南西に飾るといいと思います。

悪い例としては、少し地味な色なので取り入れすぎると部屋全体が暗いイメージになってしまうので、バランスよく配置して下さい。方角的には東北だけには飾らないようにして下さい。

こんな人に茶色の絵画がオススメ

茶色は、土台というくらいに運気を安定してくれる色、ナンバーワンカラーです。

他の色の持つエネルギーと組み合わせるとそれぞれの効果を引き立てる効果もあります。

赤色と茶色:生命力、情熱、積極、熱血、パワフル、エネルギッシュ、行動力、決断力

青色と茶色:冷静、誠実、信頼、知性、思考

緑色と茶色:自然・バランス・生命・健康・安心・平和・回復・若い

黄色と茶色:希望・知性・明るい・向上心・開放・幸福・楽しい

オレンジ色と茶色:陽気、楽天的、行動的、勇気、活力、気力、成功、充実、健康

ピンク色と茶色:愛・恋・若さ・優しさ・可愛い・可憐・幸せ

紫色と茶色:自尊心・高貴・高尚・神秘・不思議・スピリチュアル・悟り・気品

黑色と茶色:神秘・厳格・強い・芸術・高級感・モダン・大人

白色と茶色:純粋・・新鮮・明るい・神・誕生・正義感・真実・浄化・悟り・新しい・清潔

金色と茶色:輝き・高級・永遠・貴重・成金・豊かさ・成功・豪華

などの効果を引き立ててくれるので、ある意味最強の色と言えるかもしれません。

全ての人にオススメできる色なのでお部屋に茶色の絵画をワンポイントで飾ることをオススメします。

スポンサードサーチ

茶色と相性のいい組み合わせ

ほとんどの色と組み合わせがいいのですがあえてあげると以下になります。

茶色と黄色の組み合わせで金運アップ↗︎

茶色と緑色の組み合わせで家庭運アップ↗︎

茶色と白色の組み合わせで健康運アップ↗︎

茶色と金色の組み合わせで恋愛運アップ↗︎

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です