風水で選ぶ紫色の絵画の特徴

こんにちはNIMです。

今日は紫色の絵画の特徴を紹介したいと思います。

  • 紫色がもつ意味
  • 紫色の絵画がもたらす心理効果
  • 紫色の絵画を飾るいい例、悪い例
  • こんな人に紫色の絵画がオススメ
  • ピンク色と相性のいい組み合わせ

紫色がもつ意味

紫色には自尊心・高貴・高尚・神秘・不思議・スピリチュアル・悟り・気品・魅惑・美・精神的などの意味を持っています。

神秘的なイメージを持っていて癒しの効果のある色でもあります。

紫色の絵画がもたらす心理効果

神経を集中している時、優雅な気持ちの時、瞑想をしている時、悩んでいる時、体調が良くない時、心を癒したい時などに紫色が気になります。

紫色は赤色と青色の混合色なので心と体、男と女それぞれの個性を表現する色でもあるので芸術や美など高貴な印象を与えてくれます。

紫色のエネルギーによって自分の個性を表現して、社会的成功を手に入れたい人に紫色の絵画がオススメです。

紫色の絵画を飾るいい例、悪い例

紫色は非常に強いエネルギーを持っている色です。少しでも効果があるので南の部屋に紫色の絵画をワンポイントで飾ることをオススメします。

黒色や深緑色と組み合わせることで恋愛運、金運をあげる効果が期待できるので観葉植物やソファー、クッションなどと組み合わせる事をオススメします。

悪い例としては、どんな色に関しても言える事ですが紫色を使いすぎることはお控えください。特に紫色のエネルギーは強力なので使いすぎると、傲慢さ、独裁、冷たさが強調されて運気を下げてしまうのでご注意ください。

こんな人に紫色の絵画がオススメ

精神性を高めてくれて信頼を得ることができ、心を落ち着かせて冷静になれる効果も期待できるので社会的成功を望んでいる方には紫色の絵画をオススメします。

個性的な表現、カリスマ性を必要とする芸術家、歌手、アーティスト

信頼されて権威、尊敬、品位が必要な政治家、教師、社長

心の癒しを与える存在である看護師、保育士、お坊さん、神父

などに紫色の絵画をオススメします。

紫色と相性のいい組み合わせ

紫色と黒の組み合わせで恋愛運アップ↗︎

紫色と深緑の組み合わせで金運アップ↗︎

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です