風水で選ぶオレンジ色の絵画の特徴

こんにちはNIMです。

今日はオレンジ色の絵画の特徴を紹介したいと思います。

  • オレンジ色がもつ意味
  • オレンジ色の絵画がもたらす心理効果
  • オレンジ色の絵画を飾るいい例、悪い例
  • こんな人にオレンジ色の絵画がオススメ

オレンジ色がもつ意味

オレンジ色には陽気、楽天的、行動的、勇気、活力、気力、成功、充実、健康的などポジティブな意味を持っています。

オレンジ色を見た時に楽しくなったり、お腹がすいてきたり、やる気が湧いてきたりした事があるのではないでしょうか。

前向きになりたい時にオススメの色だと思います。

オレンジ色の絵画がもたらす心理効果

オレンジ色をイメージさせる代表的なのが黄色と同じになってしまいますが太陽やヒマワリなど力強くて明るく外向的で活発な気持ちにしてくれる色でもあります。

オレンジ色が気になる時は自信に満ち溢れている時、目的を達成した時、陽気で楽しい時、何をしてもうまくいく時などにオレンジ色が気になる事があるようです。

毎日の生活を楽しく、陽気に過ごしたい人にはオレンジ色の絵画をオススメします。

オレンジ色の絵画を飾るいい例、悪い例

南東の方角にオレンジの絵画を飾ると対人運や人気運の上昇を期待できます。

緑とも相性がいいので観葉植物と並べて飾ったり、ソファー、クッションなどインテリアと合わせて飾るのもいいと思います。

水色と組み合わせる恋愛運のアップにつながります。

オレンジの家具というのはあまりないので絵画でワンポイントとして飾ってもらうといいと思います。

悪い例としてはオレンジ色と赤色の併用はNGになります。

赤色と合わせる事でオレンジ色の持つ金運の力を下げる事になってしまします。

赤色の持つエネルギーはそのまま残りますが、オレンジのエネルギーが下がってしまう事は認識しておきましょう。

こんな人にオレンジ色の絵画がオススメ

オレンジ色は赤のエネルギーである知性、行動力、情熱などと黄色のエネルギーである金運、社交運、家庭運を併せ持つ色でもあり、様々な運気アップが期待できる色です。

最近人間関係がうまくいっていないと感じる人

受験生

夫婦関係で悩んでいる人

新入社員

転勤する人

など人間関係の良縁を求めている人にオレンジ色の絵画をオススメします。

オレンジ色と相性のいい組み合わせ

オレンジ色と緑色の組み合わせで金運アップ↗︎健康運アップ↗︎

オレンジ色と水色の組み合わせで恋愛運アップ↗︎

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です