ホオズキ【三日月】作品説明

こんにちは、NIMです。

今日はホオズキ【三日月】の作品の意図と風水的に期待できる事を記事にしました。

  • 【三日月】の作品意図
  • 【三日月】に期待できる風水効果
  • 【三日月】を飾るといい場所
  • 【三日月】をオススメしたい人

【三日月】の作品意図

この作品は、2020年3月に描いた作品です。

作品名は三日月ですが、皆既日蝕の瞬間にも見えるこの絵は、

幻想的で神秘的な一瞬を絵にしたくて描きました。

全体のテーマとしては「終わりと始まり」。

全ての物事は終わりを迎える。

「終わり」といっても悪い事ではなくて、太陽が沈み翌朝登るように

すぐに新しい「始まり」を迎える。

「終わり」と「始まり」は同じ。太陽の光で繋がっている。

周りにある無数の点は星でもあり、人間(命)、動物(命)、植物(命)。

全ての生命は、影響しあいながらバランスを保っている。

みんなが心に正直に自由に生きれたら、もっと世界は光り輝くはずなのに。

そんな事を思いながら描いた作品です。

【三日月】に期待できる風水効果

全体的に濃い青色なので、冷静、誠実、信頼、知性、思考、深層意識、精神統一、神秘など心を落ち着かせる絵になっています。

濃い青なので夜空や深海などを連想させて心に自由、平和、安心を与えてくれます。

夜空に三日月が綺麗に見えた時なんだか心が落ち着いた経験をした事がある人もいるのではないでしょうか。

月は太陽の光の反射で光っているので、月を見る事で太陽との繋がりを無意識の中で感じて安心感が湧いてくるのだと勝手に考えています。

【三日月】を飾るといい場所

南の方角に明るめの青い絵画を飾ると幸運を呼び込んでくれると言いますが

この絵はかなり濃い青色なので青のエネルギーよりも黒色のエネルギーの方が強いので南というより心を落ち着かせるための空間(仕事部屋、仕事部屋)に飾ってもらえればと思います。

黒色というと風水的には悪いと思う方もいるかもしれませんが、全くそんな事はありません。

いいものを取り入れて悪いものを流してくれる色です。

金色と組み合わせる事で金運アップも期待できます。

僕の絵には金色を沢山使っているので金運バッチリですね。

木の気を持つ緑色との相性がとてもいいので観葉植物と並べて飾ったり、ソファー、クッションなどインテリアと合わせて飾るのもいいと思います。

悪い例としては、北の方角には青色の絵画は飾らないでください。

青色の陰と北が合わさると冷え過ぎてしまい運気が下がってしまいます。どうしても飾りたいという方は、暖色系の色のものとセットで飾りましょう。

【三日月】をオススメしたい人

部屋をさりげなくゴージャスにしてくれる絵だと思うのでインテリアにこだわりを持っている人にオススメできる絵です。

自分で言うのもですが、すごくいい絵だと思います。

心理面から見てオススメしたい人は誠実・信頼・真心・献身・透明性・知性・正確性が必要な

リーダーとして活躍している人(経営者・政治家・教師・司会者)

就職したての人

お医者さん

看護師さん

など、ほとんどの仕事に当てはまりますが信頼を勝ち取りたい人に青色の絵画がオススメです。

個人的にはこの絵を見ながら瞑想してもらったり、勉強してて煮詰まった時に何も考えずにボーっと眺めてもらえたらいいなぁと思っております。

何かいいアイデアが浮かぶかもしれません。

この絵を見る事でほんの少しでいいので心が落ち着いたり、癒されれてくれるきっかけに僕の描く絵がなってくれればと思っています。

他の色の絵が気になる方は以下の記事をご覧ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です