風水で選ぶピンク色の絵画の特徴

こんにちはNIMです。

今日はピンク色の絵画の特徴を紹介したいと思います。

  • ピンク色がもつ意味
  • ピンク色の絵画がもたらす心理効果
  • ピンク色の絵画を飾るいい例、悪い例
  • こんな人にピンク色の絵画がオススメ
  • ピンク色と相性のいい組み合わせ

ピンク色がもつ意味

ピンク色には愛・恋・若さ・優しさ・可愛い・可憐・幸せ・柔らかい・キュート・優美・女性などの意味を持っています。

桜や桃、ハートなどを連想させ平和的で暖かなイメージで心を和ませてくれる色です。

ピンク色の絵画がもたらす心理効果

優しさを感じる時、恋愛している時、満足している時、幸福な時、愛されたい時、甘えたい時などにピンク色が気になります。

女性らしい色なので男性よりも女性に対して強く作用する色でもあります。

ピンクといっても色味によって効果が変わってきます。

濃いピンクは積極性を上げてくれます。

薄いピンクは癒し、美容効果があります。

女性の運気を総合的にアップしてくれる色なので女性にはピンク色の絵画がオススメです。

ピンク色の絵画を飾るいい例、悪い例

恋愛運を一番に考えているのなら濃いめのピンクの絵画、恋愛も含めて全ての人間関係を円滑にしたいなら淡いピンクの絵画がオススメです。

飾る場所ですが恋愛運に関係している、西、北、南東に飾るといいと思います。

リラックス効果もあるので寝室に飾ると効果的だと思います。

悪い例として、彼氏と喧嘩して別れて復縁したい時などはピンク色はNGです。

興奮色の赤も持っているので逆効果になってしまいます。

復縁には緑色が効果的なので観葉植物や家具などを組み合わせるといいと思います。

こんな人にピンク色の絵画がオススメ

ピンク色は人間関係を円滑にしてくれる色なので恋愛運、結婚運を強力にサポートしてくれます。

男女の人間関係だけではなく仕事での人間関係もサポートしてくれる色なので、

恋人が欲しい人

今の恋人と結婚したい人

職場の人間関係を円滑にしたいと思っている人

などにピンク色の絵画をオススメします。

ピンク色と相性のいい組み合わせ

ピンク色と白色の組み合わせで金運アップ↗︎

ピンク色とオレンジの組み合わせで恋愛運アップ↗︎

ピンク色と水色の組み合わせで恋愛運アップ↗︎

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です