風水で選ぶ黄色の絵画の特徴

こんにちはNIMです。

今日は黄色の絵画の特徴を紹介したいと思います。

  • 黄色がもつ意味
  • 黄色の絵画がもたらす心理効果
  • 黄色の絵画を飾るいい例、悪い例
  • こんな人に黄色の絵画がオススメ

黄色がもつ意味

黄色には希望・知性・明るい・向上心・開放・幸福・楽しい・未来・金・光など明るい前向きな意味を持っています。

黄色を見た時に元気が出たりやる気が出て前に進もうと思ったことがある方もいるのではないでしょうか。

何かに挑戦したい、強い気持ちでいたい時にオススメの色だと思います。

黄色の絵画がもたらす心理効果

黄色をイメージさせる代表的なのが太陽やヒマワリなど力強く明るい創造性を刺激してくれる色でもあります。

黄色が気になる時は探究心に満ち溢れている時、希望を持って新しい事に挑戦している時、幸せな毎日を送っている時、家族が幸せな時などに黄色が気になる事があるようです。

毎日の生活に喜び、笑顔、幸せを取り入れたい時に黄色の絵画をオススメします。

黄色の絵画を飾るいい例、悪い例

黄色は土の気を持っているので南東か北東の部屋に飾るのをオススメします。

変化や革新も期待できるので運気を好転したい時にいいと思います。

土の気を持っている黄色は金運アップをサポートする色でもあります。

白と組み合わせると恋愛運、茶色と組み合わせると金運の向上が期待できます。部屋の雰囲気に合わせて黄色の絵画を飾るといいと思います。

悪い例としては部屋全体を黄色に染めてしまい落ち着きのない空間にしてしまう事です。

黄色は波動の強い色なので使いすぎると刺激が強過ぎて運気が下がってしまいます。

あくまでもワンポイントで黄色い絵画を飾ってください。

こんな人に黄色の絵画がオススメ

黄色には金運、社交運、家庭運などを向上させる運気を上昇させる効果があると言われています。

商売をされている人

お金を貯めたい人

楽しい家庭を築きたい人

起業を考えている人

など全ての人に共通して必要な色なのかもしれません。

黄色の絵画が豊かな生活を手に入れるきっかけになるかもしれません。

黄色と相性のいい組み合わせ

黄色と白の組み合わせで恋愛運アップ↗︎

黄色と茶色の組み合わせで金運アップ↗︎

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です